人材コーディネーターの仕事とやりがいとは

コーディネーター

 

こんにちは!ヴェルサスのブログ担当です。

今回は、人材コーディネーターの仕事とやりがいについて紹介していきます。

 

人材コーディネーターとは、簡単に言うと、求職者に仕事を紹介する役割を担う人のことです。

現在、さまざまな家庭の事情や、女性の働き方が変わってきたことで、求職者は増加する傾向にあります。そんな人達を適材適所に導くため、人材コーディネーターは日々活躍しています。

ここでは、人材コーディネーターの仕事内容や、そのやりがいについてもお話していきます。

 

 

人材コーディネーターの仕事とは?

まずは人材コーディネーターの仕事について知りましょう。

人材コーディネーターは、主に人材派遣会社・紹介会社で働いています。

この人材派遣会社・紹介会社には、毎日さまざまな条件を持った求職者が訪れます。

 

そんな人達と話し合い、その人の適性を見抜き、長く働き続けることのできそうな職場を見極めて紹介するのが仕事なのです。

仕事内容に関しても、一番大切かつ時間を割くのは、求職者との面接です。

 

人材派遣会社にとって、求職者は大切なお客様です。

しかし、その反面で、人材派遣会社を利用してくれている企業側へ、信頼できる・しっかり働いてくれる人材を紹介しなければいけません。

その際に、求職者には時間や給料、福利厚生などの条件もあるので、ひとつひとつ丁寧にカウンセリングを行った上で、一番合う職場を紹介するのです。

また、希望があれば一緒に事前に職場見学を行ったり、その職場の雰囲気を伝えるために、企業側の人とカウンセリングを行うこともあります。

 

入った後も、相談や何か職場側に伝えて欲しい意見が出てきた際には、代わりに企業側と話をすることもあります。

人材コーディネーターは、人を紹介するだけではなく、求職者が働き始めた後もフォローを行わなければいけない大変な仕事なのです。

会社によっては、求人広告を作る仕事も任されることもあります。

 

 

人材コーディネーターのやりがいとは?

人材コーディネーターは決して楽な仕事ではありません。

もしも紹介した企業からクレームが付けば、その理由を聞いてすぐに対処をしなければいけません。

退職者が出た場合も、その代わりの人材をすぐに紹介しなければいけませんし、とても忙しい仕事なのです。

 

しかし、その反面で、悩んでいた求職者が自分にぴったりな仕事を見つけ、嬉しそうに仕事へ出かけていく姿を見届け、契約期間中も相談に乗りつつ契約期間の満了を迎えさせることに、大きなやりがいを感じている人も多いのです。

人材がいなければ、企業は仕事を進めることができません。

しかし、現在では求人を出そうとしても広告費がかかってしまったり、来てもすぐに辞めてしまう人もいるため、安定して人材を確保することはかなり難しくなっています。

そんな中で、人材派遣会社が選りすぐって紹介してくれる人材は、企業にとってなくてはならない存在なのです。

その企業を支えているという自負も、やりがいに繋がっているのです。

 

 

人材コーディネーターは営業も行うこともある

派遣会社によっては契約している企業に人材を紹介するだけではなく、新規で人材に困っている企業を探して、契約を取ってくるのも大切な仕事です。

前述したように、広告を出しても本当に素晴らしいスタッフが見つかるかは別の話です。

人材派遣会社に頼めば、ほぼ確実に任期満了まで働いてくれる人材を得ることができるので、人材派遣会社を求めている企業も少なくないのです。

飛び込み営業の場合もありますが、多くの場合は人材に困っている企業が多いので、いきなり断られたり、冷たい態度を取られてトラウマになってしまうという、営業あるあるもあまり起こらないようです。

 

 

人材コーディネーターになるメリットとは

人材コーディネーターとして働くことで、以下のメリットを手に入れることができます。

 

〇対人関係スキルが身に付く

ほとんどの時間を誰かと話したり、面接やカウンセリングをして過ごすため、人材コーディネーターは自然と対人関係を築くスキルが身に付くのです。

人と話すのが苦手であったり、なかなか相手の目を見て話すことができないという人も、人材コーディネーターを経験する中で、少しずつ克服することができます。

 

〇ビジネスマナーが身に付く

人材コーディネーターは、求職者に対して面接の練習を行ったり、企業側へ行ってもらう前に事前研修を行ったりする指導役を任されます。

求職者を指導する際に、自分もビジネスマナーを学べるのは大きなメリットと言えます。

 

〇さまざまな求人を見ることができる

派遣先の情報をいくつも閲覧していく中で、それぞれの職種の好条件・悪条件が見えてくるようになります。将来的に自分が転職する際や、友人などが転職を試みた際にその知識は役に立ちます。

 

〇将来性がある

人材派遣会社に頼る企業はたくさんあります。

将来何があるか分からないためにしっかり働きたいという産後の女性も増え、今後も増加する傾向にあると考えられています。

そのため、人材コーディネーターの仕事の需要が高まると考えられており、一度経験しておくと、再就職の際も有利にその経験は働いてくれます。

 

〇自分が食べていく分には困らない

人材コーディネーターの平均給与は、大体300~500万円前後と言われています。

それだけ稼げれば、自分一人食べていく分には何も問題ありません。

結婚しない選択肢を選ぶ女性も増えている中で、将来性もあり、安定した収入も得られる人材コーディネーターの仕事はメリットがたくさんと言えるでしょう。

 

 

人材コーディネーターならヴェルサス

ヴェルサスでも、人材コーディネーターを採用しています。

一度経験してみて、そのやりがいを体感してみてくださいね。

 

 

人材コーディネーターは大きなやりがいに満ちた仕事

仕事が見つからないというのは辛いことですし、面接に何度も落ちている人はそれだけで自信を失ってしまいます。

人材コーディネーターはそんな人達に新しい居場所を提供する、なくてはならない存在なのです。

是非ともヴェルサスに応募して人材コーディネーターとしての第一歩を踏み出してくださいね。