笹沢佐保先生「木枯らし紋次郎」の舞台 上州新田 三日月村 群馬県太田市

こんにちは!

ヴェルサス群馬営業所プログ担当者です。

 

今回は作家・笹沢佐保先生の作品でテレビ放送された

「木枯らし紋次郎」の舞台上州新田
三日月村を再現したテーマパークを紹介させて頂きます。

 

 

 

 

場所    群馬県太田市藪塚町3320
開村時間  9:30~16:00
休村日   金曜・年末年始
入村料   大人630円・子供315円

(アトラクションとのセット大人1575円・子供1050円)
駐車場   有料 500円

 

 

ジャパンスネークセンターと隣接する三日月村
平成生まれの人は知らない人が大半だとおもいますが、

昭和生まれの方は懐かしいと思う方もいると思います。
時代小説の主人公でその昔ドラマで映画がヒットしたそうですが・・・
主人公の木枯らし紋次郎さん、上州新田(現在は群馬県太田市)三日月村の出身という設定なので、三日月村を作ってしまえー とできたのがここ三日月村らしいです。(駐車場のおじさんの話です。)

 

 

私も、幼いころにテレビで見た記憶があり、

興味本位で出かけてきました。

 

 

 

 

入村料を支払っていざ入村!

その前にここで買い物や食事をする際は、

今、私たちが使用している通貨が使えないので、

{文銭}に両替が必要との事で、1万円分両替しました。
ちなみに使いきれない場合は戻せるのでご安心ください(*^^)v

 

 

 

 

 
アトラクション的な物は3つです。
私は、アトラクションは体験はしませんでした。
たまには自然もいいかなぁーと感じながら、見てまわり

江戸時代にタイムスリップしたような気分になれました。

 

 

 

 

 

 
昼食は、そばとところてん 800文(800円)を食べました。
スタッフの方(おばさん)も昔の着物?を着ての対応なので、

雰囲気的にもよかったと感じました。

 

 
皆さんも日常生活で現実逃避をしたくなったら一度、

群馬県の三日月村に行ってみては?

 

小山営業所