有名な「中尊寺」・「毛越寺」 2011年6月 世界遺産に登録! 岩手県平泉町

こんにちは。

ヴェルサス管理部ブログ担当者です。

 

今回は、岩手県平泉町にあります「中尊寺」と「毛越寺」をご紹介します。
平泉は「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学遺産群」という名で2011年6月に世界遺産に登録されました。
こちらは、平安時代末期に奥州藤原氏が栄えた時代に

建てられた寺院や遺跡群が5件からなっています。
その中でもっとも有名なものが「中尊寺」と「毛越寺」です。

 

中尊寺 本堂

 

中尊寺 覆堂(金色堂)

 

中尊寺といえば何といっても「金色堂」です。
覆堂の中に入りますと「金色堂」が姿を現します。
「金色堂」は御堂の周りから中まで一面金箔が張られています。
その景色はまさに圧巻の一言です。
御堂の周りがガラス張りになっており、写真を撮るのも禁止で厳重な警備体制です。

 

毛越寺 本堂

 


毛越寺 浄土庭園

 

毛越寺は、浄土庭園が有名です。
浄土庭園は世界遺産の他に国の特別名勝にも指定されております。
広大な敷地に大きな池があり、歩いていると心が洗われる気が致します。

 

どちらも行って損は無いと思います。
ぜひ近くに足を運んだ際には、お立ち寄りください。

 

【中尊寺】
住所   〒029-4102  岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
アクセス JR東北本線  平泉駅 徒歩9分
東北自動車道 平泉前沢I.Cから約10分

 

【毛越寺】
住所   〒029-4102  岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58
アクセス JR東北本線  平泉駅 徒歩9分
東北自動車道 平泉前沢I.Cから約10分

 

宇都宮営業所